このページのコンテンツは機械翻訳によって作成されたものであり、正確性についてはまだ確認されていません。 これがお役に立てば幸いですが、翻訳に問題がある可能性があります。

スウェーデン人集団におけるEAT-Lancet indexの開発とその死亡率との関係(2021年11月号)

Stubbendorff, A., E. Sonestedt, et al.(2021年)。 “スウェーデン人集団におけるEAT-Lancet指数の開発とその死亡率との関係”アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション誌。

https://doi.org/10.1093/ajcn/nqab369

記事へのオープンアクセスリンク:

関連:

地域社会、食育者、公衆衛生、研究者

質問:

我々は、スウェーデンの大規模な人口ベースのコホートにおいて、EAT-Lancet食の遵守を定量化する新しい食事指標を開発し、死亡率との関連を評価することを目指した。

栄養習慣の要点:

スウェーデンのルンド大学が行った大規模な集団調査によると、より持続可能な食習慣は、心血管疾患やがんによる早期死亡のリスク低減など、健康上の利点につながることが明らかになったそうです。

概要:

  • 背景– 現在の世界の食糧システムは、人々の健康と環境の持続可能性を脅かしています。 2019年、EAT-Lancet Commission on healthy diets from sustainable food systemsは、両領域を改善するための世界初の基準食を定義しましたが、EAT-Lancet基準食を食事指標としてどのように定量化するかについてはコンセンサスがなく、死亡率との関係も広く研究されていません。
  • 目的-我々は、スウェーデンの大規模な人口ベースのコホートにおいて、EAT-Lancet食の遵守を定量化し、死亡率との関連を評価するための新しい食事指標を開発することを目指した。 また、指標に含まれる食品成分と死亡率との個々の関連についても検討した。
  • 方法-Malmö Diet and Cancer cohort(n = 22,421、ベースライン時45-73歳)を使用した。 食事データは修正食事歴法を用いて収集された。 EAT-Lancet Indexは、EAT-Lancetダイエットで定義された14の食品成分の摂取レベルと基準間隔(1成分あたり0〜3ポイント、合計0〜42ポイント)をもとに開発されたものである。 死亡率との関連は、平均20年間の追跡期間中の登録に基づいて検討され、潜在的な交絡因子について調整された。
  • 結果 – 5つのアドヒアランス群に分けたところ、EAT-Lancet食のアドヒアランスが最も高い群(≥23点)は、最も低い群(≤13点)に比べて、全死亡率(HR, 0.75; 95% CI, 0.67-0.85), がん死亡率(HR, 0.76; 95% CI, 0.63-0.92) および心血管死亡率(HR, 0.68; 95% CI, 0.54-0.84 )と関連していました。 この指標に含まれるいくつかの食品成分は、観察された死亡率の低下に寄与していた。
  • 結論– EAT-Lancet食のアドヒアランスを調査するために、新しい食事指標を開発した。 この結果は、私たちの指標で定義されたEAT-Lancet食を最も遵守している人の死亡リスクが25%低いことを示しており、持続可能な食事ガイドラインの開発のためのエビデンスベースが追加されたことになります。

結果の詳細:

参加者は最大42点満点中、5〜35点を獲得しました。

  • 平均スコアは、女性が18.5点、男性が16.8点。
  • EAT-Lancet食の豆類とナッツ類の目標摂取量に達したのは、調査対象者の1%未満であった。
  • 全粒粉、牛肉・羊肉、豚肉の目標摂取量に達しているのは5%未満であった。
  • 摂取量は、鶏肉と魚が最も多く、それぞれ77%と66%が目標摂取量に達していた。
  • スコアが最も高いグループと最も低いグループを比較すると、完全調整モデルでは総死亡率が25%、がん死亡率が24%、心血管死亡率が32%減少していることがわかります。
  • 調整前のモデルでは、結果の大きさはさらに大きくなった。
  • また、EAT-Lancet指標に含まれる14の食品群の各成分の遵守度と死亡率についても個別に検証した。 全粒粉、野菜、果物の高摂取は低摂取に比べ、全死亡のリスクの低下と関連していたが、卵の高摂取は高リスクと関連していた。

さらに興味深い:

スクロールダウン👇🏽で、この研究に関して著者が発表した記事のPDFをご覧いただけます。

編集者のコメント:

非対称性

利害の対立/資金調達:

著者らは利益相反はない。 本研究は、スウェーデン心肺財団、クラフォード財団、ルンド大学アジェンダ2030大学院の助成を受けて実施されました。

外部関連リンク:

https://eatforum.org/

対応する著者:

アンナ・シュトゥーべンドルフ

博士課程在学中

Anna.stubbendorff@med.lu.se

コミュニティダイエット教育者リサーチ公衆衛生
コンピテンシー開発ポリシーの変更メニュー変更リサーチ個人的な知識の開発教育
ヨーロッパ