このページのコンテンツは機械翻訳によって作成されたものであり、正確性についてはまだ確認されていません。 これがお役に立てば幸いですが、翻訳に問題がある可能性があります。

資力

リソースセクションには、以下の領域があります。

1ケーススタディ– 一般的に会員によって提供されるケーススタディは、持続可能性と栄養を実際に統合した既存の活動の例である。

2 –既存資源データベース さまざまな栄養専門家に関連するレポート、記事、ウェブサイトを紹介します。 2つのサブセクションがあります。

3 – 新しい研究サマリー ジャーナルにアクセスできない管理栄養士が簡単に概要にアクセスできるように、査読されたエビデンスのすべての重要なポイントの要約を提供する。

4 –NDA SFS ツールキット補助金– ICDA 加盟の全米栄養士会(NDA)は、持続可能なフードシステム(SFS)ツールキット補助金を申請できる。

5 –NDA SFS ポジションペーパー– いくつかの栄養・管理栄養士会は、持続可能なフードシステム(SFS)や持続可能な食事と栄養・管理栄養士業務との関連性を公式に認めている。

6 – 用語集 – これは、持続可能なフードシステムについて学んだり、話し合ったりする際に遭遇する可能性の高い、主要な用語や概念のリストである。

7 – ホットトピッククラスター サイドバーのオレンジの楕円で囲んだ部分で、ツールキットを検索できます。

8 – インフォグラフィックス – これらのビジュアルは、D-Nが持続可能な食糧システム(SFS)をターゲットとする人々に伝える際に役立つ。

9 –ポッドキャスト、ウェビナー、ワークショップ– 一般的に、これらはオンライン・セッションで、私たちは常に更新するようにしています。

10 –SDGs ブリーフ:栄養士-管理栄養士の役割– このブリーフでは、栄養目標に密接に関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)に対する管理栄養士-管理栄養士(D-N)の役割の可能性を探っている。

11 – 持続可能性コース – これらのコースは通常、シラバスを含むより体系的な形式をとっており、高等教育の単位や修了証書を取得できることが多い。 トレーナー/ファシリテーターが運営するものもありますが、独学で行うものもあります。 授業料がかかるところもあれば、無料のところもあります。 私たちは、すべての情報を前もって提供するようにしています。 短期コース(数時間から数日)、長期コース(1週間から数ヶ月)、単位取得コース(通常は1学期間だが、自習可能なコースもある)がある。

12 –実践のためのツール – 以下のツールは、一般の人々に持続可能性を推進し、それを実践に取り入れるために、あなたの実践で使用できる例である。

連絡先 ICDAsfs.Coordinator@Acadia.ca ツールキットへの追加を提案するリソースをお持ちの方は、こちらまでご連絡ください。

登録する SFSツールキットの SFSツールキット 月刊アップデートを購読する:GROW