このページのコンテンツは機械翻訳によって作成されたものであり、正確性についてはまだ確認されていません。 これがお役に立てば幸いですが、翻訳に問題がある可能性があります。

COP:実践における持続可能性:現場からの例

SFSツールキットの実践共同体(COP)セクションは、すべて共有に関するものです。

このページは、栄養士-栄養士としての多様な役割に持続可能性を統合するという実際的な経験を共有したあなたとあなたの仲間からの感動的な物語のコレクションです。 これらのストーリーは、起こっている作業の幅と深さを示し、その過程で学んだ重要な洞察と実践的な教訓を強調しています。

動的なネットワークを構築し、私たちの集合的な知識を活用して、いくつかの方法で変化を起こすことができます。

  1. ウェブサイトを読んで共有してください!
    • とにかく、あなたができることを共有してください-あなた自身の家族、あなたのコミュニティ、ソーシャルメディアグループ、あなたの職業-そしてあなたが学んだことを私たちと共有してください。
    • GROWニュースレターにサインアップして、このWebサイトに投稿された新しい資料についてアラートを受け取るようにしてください。
  2. ディスカッションフォーラムに参加する
    • これらのストーリー、Webサイトのリソース、質問について話し合ったり、自分の経験を共有したりして、これらのストーリーで学習を深めてください。
  3. あなた自身の物語を提出してください
    • あなたの経験は、持続可能なフードシステムに向けた取り組みを他の人に刺激し、挑戦し、支援することもできます。

このページのコンテンツは機械翻訳によって作成されたものであり、正確性についてはまだ確認されていません。 これがお役に立てば幸いですが、翻訳に問題がある可能性があります。

ICDASFS-Toolkitはドイツ語で説明されています

このズームウェビナーは、ドイツ語を話す栄養士に向けて、幻想的で多様なSFSツールキットを宣伝するために行われました。 それは、ICDAとその背景をドイツ栄養士協会に簡単に紹介することから始まります。

仲間をやる気にさせる主な目的は、持続可能性のさらなる教育に関する複数の可能性を段階的に紹介することです。 ウェビナーでツールキットを使用し、プロセスを説明することで、プロジェクトを提出するのがいかに簡単かを示します。

あなたはあなたの状況に似たようなことをすることを検討することができます!

ここにリンクがあります: 2022 VDD SFSツールキットウェビナー_Nachhaltigkeit(172 mb)

スピーカーによる寄稿!

このページのコンテンツは機械翻訳によって作成されたものであり、正確性についてはまだ確認されていません。 これがお役に立てば幸いですが、翻訳に問題がある可能性があります。

学校栄養教育プログラム

子供のための総合的な栄養教育プログラムの開発。

2022年2月22日:この作品へのリンクはまもなく共有されます。

このページのコンテンツは機械翻訳によって作成されたものであり、正確性についてはまだ確認されていません。 これがお役に立てば幸いですが、翻訳に問題がある可能性があります。

スウェーデンの栄養士が食品廃棄物の削減に取り組む(2020)

Supported by great resources from the Swedish Food Agency (https://www.livsmedelsverket.se/en), dietitians are reducing the amount of food wasted in Swedish institutions, including schools, long term care facilities, and hospitals.  I’ll share the details in English, and then Swedish below 🙂

ENGLISH

Swedes throw away about 25% of the food and drink that we purchase per person, per year!  For individuals and households, it is because we buy too much, store it improperly, and throw away leftovers instead of using them. This is bad for the environment: food is produced unnecessarily, and food waste contributes to climate variability and environmental challenges. It is also costly for households. The goal moving forward is to halve the global food waste production per year, and Sweden has a plan that dietitians can contribute to.  Three Swedish agencies related to food, farming and environment have put forward a collaborative action plan, ”Fler gör mer,” that outlines strategic actions for various actors in the food system. Dietitians and food service workers are part of that. It is only available in Swedish, but Google Translate might be able to help with the “to-do” lists included 🙂

In the public sector (schools, hospitals, care facilities, etc.), food services have an important role in the work to reduce food waste, and to be good role models for cultural change.  Built on a successful model in Gothenburg, the Swedish Food Agency (SLV) has produced a handbook ”Handbok för minskat matsvinn”  that explains food waste and includes how-to information for reduction and measurement. The goal is that everyone involved in public sector food service will use this measurement model so that we can track and reduce our food waste accurately.  This is absolutely not easy! The handbook is only in Swedish, but Google Translate might be able to help 🙂

SWEDISH

I Sverige slänger vi ca 20 kg ätbar mat/person och år, plus 25 kg mat och dryck som hälls ut i slasken! Det är ungefär 25% av all den mat vi handlar/person och år. Som privatpersoner är det för att vi köper för mycket mat, förvarar maten fel och kastar överbliven mat istället för att använda resterna. För miljön är det dåligt med svinn. Mat produceras i onödan, och det belastar klimat och miljö. Och för ett hushåll blir det mycket pengar. Målet framåt är att halvera det globala matsvinnet per person. I Sverige har man ( Livsmedelsverket, Jordbruksverket och Naturvårdsverket) tagit fram en handlingsplan för minskat matsvinn 2030 ”Fler gör mer”.

De offentliga måltidsverksamheterna har en viktig roll i svinnarbetet, och kan vara goda förebilder för sina matgäster. I Göteborgs kommun har man tagit fram en ”Göteborgsmodellen för mindre matsvinn”. Efter den har SLV tagit fram en ”Handbok för minskat matsvinn” som bygger på Gbg modellen, men har tillägg om ex tallrikssvinn, konsumtionsmätningar och SLVs nationella mätmetod för matsvinnsmätningar. Mätningarna vill man att alla offentliga kök ska börja med. Inte helt lätta kan jag försäkra!

このページのコンテンツは機械翻訳によって作成されたものであり、正確性についてはまだ確認されていません。 これがお役に立てば幸いですが、翻訳に問題がある可能性があります。

アトランティックカナダの健康的で持続可能な大学の食べ物

アカディア大学は、カナダ東部のノバスコシア州のアナポリスバレーで約3,500人の学生を受け入れています。 過去6年間、関係する教職員、学生は、アカディアでより健康的で持続可能で公正な食品に移行するための継続的な取り組みに取り組んできました。 学生人口にとって手頃な価格を維持するために努力しながら、制度的食品をより健康的かつ持続可能なものにするための戦略には、人々と地球にとってより良い選択を容易にする食品環境の作成、スクラッチクッキングと全食品に焦点を当てることが含まれています。最小限の加工で植物ベースのメニューに移行する、地元で持続可能な方法で生産された食品の目標を設定します。

詳細については、 https ://sustainability.acadiau.ca/food.htmlをご覧ください。

あなたの大学が何をしているのか、あなたから聞いてみたいです!あなたのストーリーも共有しましょう!

このページのコンテンツは機械翻訳によって作成されたものであり、正確性についてはまだ確認されていません。 これがお役に立てば幸いですが、翻訳に問題がある可能性があります。

変化のための素晴らしい食事

優秀な同僚と私は、インタラクティブなゲームをプレイしながら食事を共有することで、人々が持続可能な食品を理解し、体験できるように、楽しく教育的なプログラムを作成しました。 私たちは行動変化のために社会的学習のアイデアを使用しました。これは、非常に多くの栄養士が挑戦している知識と行動のギャップを埋めるのに役立ちます。 ゲームは楽しい、楽しい、楽しいです-そして誰もがそれを試してみるべきです!

あなたは私たちの練習用ツールで変化のための素晴らしい食事についてもっと学ぶことができます。